高齢者住宅

高齢者住宅とは

高齢者住宅はシニア分譲マンションなど、いろんな名前で呼ばれており、使い方も様々で、有料老人ホームや介護施設のように、仕切られた空間で団体生活をしたくないという方には良いかもしれません。
考え方としては、高齢者が単独、あるいはご夫婦で住まう住宅が集まったところ(マンションなど)となります。
つまり、マンションなどを借りて住まうということになりますが、賃貸マンションの多くが高齢者に対して優しくありません。不動産所有者は、国が実施する「高齢者居住安定確保計画」登録制度を用いて、高齢者を受け入れる体制を作っています。
ですので、一般の老人ホームの考えかたと異なる部分があります。
そこで気になるのは「介護」だと思いますが、高齢者住宅の中にも「介護付き」になっているところもあります。しかし、多くの方は訪問介護を導入しているようで、物件を借りる、訪問介護の手配をするといった、別々の手続きを取っている方が多いようです。
他に気になるのが「入居金」や「入居一時金」といった、有料老人ホームで取られているシステム、すなわち、多額の資金が必要になるかということでしょう。

自立の方で、比較的立地条件も良く、キッチンや浴室の付いたお部屋を希望されたり、共用スペースなどの設備の整った高齢者住宅を希望される場合は、費用が高くなる傾向になります。
こちらの場合、入居保証金、家賃、光熱費、共益費、介護や食事付ならその費用となります。有料老人ホームより高いかもしれませんが、プライベート空間は保たれ、間取り的にもよいものになっています。高齢者の住宅助成金を申請すれば家賃は安くなり、低所得者にとっては費用面で抑えられることもあります。

このように、入居時費用や月額利用料の予算、介護の必要性、入居される方がどのように過ごされたいかというご希望などにより、「介護付き有料老人ホーム」「住宅型有料老人ホーム」「サービス付き高齢者向け住宅」など様々な高齢者住宅の中から、その方に適した高齢者住宅を見極めていかなければなりません。