高齢者住宅と補助金

高齢者住宅を探して借りるなら、低所得者に嬉しい助成金制度があります。
65歳以上の方の多くが年金で暮らしています。
これまで働いてきた収入よりもうんと低くなりますが、これで生活をしていかなければならないため、切り詰めなければなりません。
高齢者住宅の以前も賃貸住宅であったなら、月々の家賃も負担になるでしょう。それがゆえに、家賃補助と介護が受けられる高齢者専用の住居へと居を移すのです。
助成金(高優賃)がどのくらい受けられるかですが、家賃の最大1/2となっていますが、各自治体によって変わってきます。
申請窓口は都道府県住宅課で、対象者は60歳以上の単身者か夫婦となり、準備するものは家族全員の住民票、所得証明、印鑑証明、印鑑が必須です。
賃貸契約については、契約を結ぶ会社にも寄りますが、住まわれる方全員の住民票(働き手がいれば適応されません)、連帯保証人や身元引受人など、一般の不動産賃貸契約と同じです。介護サービスについては、介護付で無い場合、居宅サービスを自身で探すということになり、介護付であれば契約以前にきちんと調べ、相談しておくことが必要です。同時に、介護認定を受けておくと介護負担額が1割になりますので、事前にやっておく必要があります。