介護士

高齢者住宅に向いている方

高齢者住宅に向いている方は、一言で言えば「経済的にゆとりがある方」かもしれませんが、その他には度々家族が訪れてくれる方に適しているのかもしれません。また、独りではなくご夫婦であれば寂しい思いもしませんし、プライベートも十分に保っていただけます。
それなら自宅で良いのでは?
という疑問も出てきますが、個々にサービスを利用することなく、困った時に便利ということもあるでしょう。
これまで住んでいたご自宅だと、バリアフリーに対応していない、庭や住宅のメンテナンスが大変である、近くの方との付き合いが無いため独居老人となる可能性も出てきます。
高齢者住宅専用マンションであれば、住人との交流もありますし、寂しい思いをせずにすみます。それであればご家族も安心です。近くであればいつでも訪問することが可能なのです。
ということは、介護によるご家族の負担も軽減できるわけです。
上記は比較的ランクの高い住宅となります。
高齢者住宅に向いている人としては、有料老人ホームにかかる費用を抑えたい方にも適しています。

中には、高齢者向け優良賃貸住宅というのもあります。
契約をする会社によっては、2年更新(この場合、敷金としてあくまでも賃貸というスタイルになっています)ができ、初期費用が抑えられたりしますし、家賃補助(助成金)というものも魅力です。所得に応じて算出され、最大1/2の助成が受けられます。