看護師

高齢者住宅のデメリット

賃貸タイプだと初期費用を抑えることの出来る高齢者住宅ですが、デメリットもあります。
完全個室というか、住宅として完全に孤立しているため、介護付であったとしても常に介護が必要になった場合、入居の継続が難しくなってきます。また、看護が必要になった場合でも同じです。
介護負担金が、いくら一部負担だとしても、常時専門職員が側にいればそれだけ負担は大きくなってきます。
その場合は、老健施設や、介護と看護が受けられる特別養護老人ホーム、あるいは介護付有料老人ホームに入所した方が費用面で抑えられることもあります。
他には、住居スペースが完全に一つの住まいとして分かれていますので、住人と打ち解けられないとなったときには独居老人となってしまう可能性もあります。これは、若い世代でもそのような方はいますので、高齢者に限ったことでは無いのかもしれません。しかし、終の棲家として仲間が多い場所を選んできた方にとっては、簡単に他の場所へ移ることも難しく、若い方のようにバリバリと稼いでくることもできませんし、仕事や付き合いで外に出るというわけにもいかないのです。
その点、老人ホームだと大勢の人がおり、施設内も充実していますので、高齢者住宅のように行き場がなくなることも防げます。