高齢者住宅

高齢者住宅の費用

介護が必要になる前から考えたい高齢者住宅ですが、気になる費用について書いてみたいと思います。
賃貸住宅やマンションを借りる際、敷金や礼金、前家賃、共益費などの費用が発生します。
敷金などは不動産や物件にもより、家賃の数ヶ月になっています。礼金は家賃の1ヶ月というふうに設定されていますが、高齢者住宅の場合、敷金に当たる部分は「入居保証金」と呼び、金額は1千万以上が相場となっているようです。保証金には一括と分割が有り、分割の場合、月々の家賃に上乗せされます。
家賃には管理費が含まれていることが多く、10万円前後からとなっています。上を見ればきりが無いといった感じですが、マンションにいくらかプラスされたような金額になります。
共益費は一般の賃貸物件よりも高くなっていますが、セキュリティやその他の安全面を考えていますので仕方が無いのかもしれません。
そのほかに発生するのが介護費と食事代などですが、介護保険認定を受けていれば1~3割負担となります。食事代は運ばれてくることなどを考えると、老人ホームより高いのは仕方の無いことです。1日3食事で計算すると、6万から7万円以上というのが相場となっています。
入居一時金の返還金については取り扱っているところによって計算方法など様々です。
賃貸タイプの高齢者住宅の場合、初期費用が抑えられるようです。助成金を利用すると月々の費用も抑えられます。