サービス付き高齢者向け住宅のサービス内容

サービス付き高齢者向け住宅の主なサービス内容は、以下のとおりです。
「見守り・安否確認サービス」。
職員が、利用者の部屋を訪れて安否を確認します。
時間や頻度は、施設によって差があります。
「生活相談サービス」。
医師や介護福祉士などの専門家が、日常生活や介護などの相談に乗ってくれます。
この二つは、必ず付いているサービスですが、必要に応じて以下のサービスを付けることもできます。
「緊急時対応サービス」。
体調が急変したときの往診依頼や、災害が起きたときの避難誘導などを行ってくれます。
「生活支援サービス」。
部屋の掃除・洗濯・ゴミ出し・買い物の代行などを行ってくれます。
「食事サービス」。
体調が悪くて食事を作れなかったときなどに、食事を用意してくれるというサービスです。
「介護サービス」。
介護が必要になったときに、外部の事業者から介護を受けられるというものです。
「医療サービス」。
急病になったときなどに、訪問診療や訪問看護を受けることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です