介護度によって料金も変わる高齢者住宅

祖母の老人ホームを探していたときに「サービス付き高齢者向け住宅」も見学しました。ネットで入居料金などを比較してみるとサービス付き高齢者向け住宅は有料老人ホームよりは月額が安いなという印象でした。ただ実際相談に行ってわかったことは、サービス付き高齢者向け住宅の場合、提供するのは部屋代や管理費なので、食事代、介護費はまた別ということです。介護費は介護保険を使うことができますが、3万円程度の上乗せになります。その費用をプラスして考えると有料老人ホームと余り変わりない料金になるようでした。また高齢者住宅なので提供するのは基本的に部屋なので、食事はいらないというような選択ができるのも特徴です。そのため、介護度が低かったり、まだ日常生活は少しの援助で行えるけれど一人暮らしは心配…というような方が入ると自由度高く生活できるのも高齢者住宅の特徴です。
高齢者住宅は、入居する人の介護度によって料金も変わってくるので、慌てて入居を決めず、あちこち見学して料金のことをきちんと把握したうえで考えてみることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です