高齢者住宅での介護というのは

高齢者向け住宅というのは、高齢者が住む住宅ということですから介護などがついてくるのかと思うかもしれませんが基本的には介護サービスは付与されていないタイプの住宅ということになります。比較的元気な高齢者が一応はそれなりの支援を受けながら基本的には自立した生活を行うために作られた住宅ということになります。サービス付き高齢者向け住宅とか呼ばれることもあります。基本的にはバリアフリーになっており賃貸マンションであったり分譲マンションであったりという事の違いはあったりしますが、一軒家というような形ではなく複数の世帯が入ることができるような集合住宅のような形になっていることが多いです。完全に介護をしなければならないような状況という場合になりますと出て行く必要性があったりします。あくまで高齢者が住みやすいような住宅という意味合いになりますので介護をするための住宅というわけではないので注意しておきましょう。割とここが大きな特徴であり、誤解されやすい所でもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です