高齢者住宅では介護も外部から

サービス付き高齢者向け住宅というのがあります。サービス付きということに色々と特徴的な部分があるのですが、基本的にバリアフリーの賃貸住宅になります。要介護者の高齢者がほとんどとなる養護老人ホームとは違って、自立して生活をすることが基本的にはできたり、要介護であろうともあくまで軽度であるということになっている人が入居可能となる住宅ということになります。ただし、介護が必要な場合は訪問介護などの外部のサービスと連携させることによっていることができるということもあったりするので、その辺りは多少その高齢者向け住宅によって違う部分でもあります。老人ホームというほどのことではないですが、少なからず高齢者が生活をすることに向いているような住宅ということになりますので、それは魅力的な部分であると言えるでしょう。それはよいことではありますが、問題は費用です。さすがに結構な費用が入居にはかかることになりますから、覚悟しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です