サービス付き高齢者向け住宅の基礎知識

サービス付き高齢者向け住宅とは、日常生活などに不安がある高齢者が、介護が必要になったときでも安心して生活できるように作られた住宅のことです。
生活をサポートするサービスが付いており、バリアフリーというのが大きな特徴です。
利用できるのは、「60歳以上の高齢者(同居者を含む)」または「要介護認定もしくは要支援認定を受けている60歳未満の人(同居者を含む)」のいずれかです。
費用は、まず入居する際に敷金や礼金に該当する「初期費用」が発生します。
これは0から数百万円と、かなり幅があります。
そして、月々の費用としては、「家賃や管理費などの居住費」「水道光熱費」「食費」「介護費(介護保険の自己負担分)」が発生します。
これらの目安としては、首都圏なら15万~30万円くらいです。
基本的に、地方に行くほど安くなっていきます。
そして、住宅によっては温泉が付いていることもありますが、その場合は当然ながら居住費も高くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です