自分の意思で高齢者住宅の選択

近年、高齢者住宅は様々な形態で増えています。
入居するきっかけはそれぞれですが、高齢者住宅で多いのは女性の一人暮らしです。
旦那さんが亡くなった方、お子さんがいても同居ができなかったり、お子さんがいない方、住んでいる家を処分したい方…事情は様々です。
「高齢者住宅」と聞いて、介護が必要になったら…と思いがちですが、介護が必要になってからでは遅いと思って入居される方が多いです。
それは、家族に心配をかけたくない方、自分の終の棲家は自分で決めたい方など…自分の意思で決めれるうちから入居できるタイプの高齢者住宅の需要が多くなっている理由の一つだと思います。
自立型の高齢者住宅に入居すれば、入居者同士のコミュニティができたり、いざ介護が必要になってもサポートがうけられたり、体調が悪い時も相談する相手がいたり、いざ何かあった時の不安が解消されることだと思います。
一人暮らしでいると、1日誰とも話さない日も多くなります。
家族が近くに住んでいないと、いざという時の心配は家族側もあります。
高齢者住宅に入居することで、双方の不安がなくなるのです。
私は以前、有料老人ホームの販売営業していたので、その経験から書かせていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です