神奈川県の高齢者住宅

厚労省と国交省がサービス付き高齢者向け住宅を増やす施策を取ってから、補助金がまだ続いている現在は全国に増え続けています。元々、特養が重度向け、有料老人ホームがその手前から重度対応といった位置づけで、サービス付き高齢者向け住宅は自立から中度ぐらいまでをカバーしており、特養までいかない見守りや軽度介護が必要な方向けであると思います。

国が考えるサービス付き高齢者向け住宅は、特養待機の側面もありますし、事業者としても介護サービスを使ってもらう事で収益をあげているため、両者の思惑は一致しますが、その呼び名は自立型と思う一般消費者が多いのかと思います。

人口が多い都市でのサービス付き高齢者向け住宅が増えるのは当然なのですが、私が住んでいる横浜市のサービス付き高齢者向け住宅を探すとかなり増えており、内容も多岐にわたるため選択肢が多くて選びやすくなっています。

完全に自立型として運営している所や、訪問介護やデイサービスを併設していたり、中にはクリニックが併設している所もあり安心感を強調しているようです。一見安心感があるように見えますが、在宅診療を専門にしている医師の場合は、ほぼそのクリニックにはおらず、常に施設や在宅を看てまわっているので、すぐに往診に来てもらえる訳ではないのが現状ですが

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です