高齢者住宅は良いホーム?

私は、介護業界に15年程います。
高齢者住宅と聞いて思い出すのが「た●ゆ●」という施設です。
ここは、認可を取らずに始めた施設ですが、入居者が増えて別館なども建てて運営していました。

生活保護の人も受け入れていましたので、東京の23区に住む生活保護受給者の担当者はこぞって、この群馬の施設に利用者を送り込んでいました。

理事長は、止まらない入居相談に対応すべく、建築法に違反するかどうかの認識があったかは分かりませんが、勝手な増築を繰り返していました。
しかし、スプリンクラーなどの設備もない状況でした。

経営的には問題なくしていたのだと思いますが、入居者が増えれば規則を守らない人も出てくるものです。
館内での喫煙を禁止していても、スタッフが見ていない所で勝手に喫煙をしていた人もいたのでしょう。
その不審火がきっかけで死傷者を出す大規模な火災となってしまったのです。

無届ホーム=高齢者住宅ではないですが、そうだったとしても行き場がない人達を誰が見るのか。
札幌でも起きた簡易宿泊所の火災でもありましたが、生活保護の方の受け入れ施設は必要なはずですが、国で建てようとはしません。
民間が運営するしかなく、行政も分かっている為、片目をつぶりながらせっせと入居させ、面倒を看てもらおうとしています。

「た●ゆ●」では確かに悲惨な事故になりましたが、必要悪というか絶対的になければいけない施設だったと思います。行政が今後、こうした施設を運営するとは思えないので、これからも事故などが起こりながらも成立させなければいけない施設の一つ なのだと思います。

病院へ入院後に高齢者住宅へ

私の親戚で、息子夫婦と暮らしていた高齢者がいました。
息子夫婦が海外へ移住する事となり、おばあさんも住む場所を考えていました。
そんな時に肺炎となり、一週間ほど入院する事となりました。
入院期間中に、病院の地域連携室という部署を通して高齢者住宅を選定してもらいました。
自分で高齢者住宅を探すというのも一つの選択肢がありますが、情報を収集するというのがものすごく大変になってきます。
その点、病院などのソーシャルワーカーを通して施設を探す方が、情報も豊富にあるため選定が容易になってきます。
また、必要であれば病院が介入して架け橋となってくれるため、入りやすくなる可能性もあります。
私の親戚のおばあさんの場合は、一人暮らしで病気を抱えているが、自立度が高いことなどから訪問看護を使用するという条件で、高齢者住宅に入ることが出来ました。
病院は様々な抜け道を知っているため、適切なアドバイスをしてくれます。
病院に入院していなくても、福祉相談などを使用するのもいい手段の一つだと思います。

入居するところは、友達に情報を

私は、私の親がだんだんと高齢になり、今住んでいるところが田舎の方で、車が無いと生活ができないような所に住んでいることもあり、これからの生活を考えたときに、安心して老後を暮らしてもらえるように、高齢者住宅への入居を考えるようになりました

今は、高齢者向けの住宅が増えているとはいえ、どういうところがいいのかなど分からないことだらけです。

長く住む所なので安心できるところが良いと思うのですが、それを見極めるのは自分だけでは難しいです。

私の場合、友達で介護系の仕事をしている友達がいるので、その子に情報を聞いてみたりしました。

やはり、現場で働いている人の意見というのがとても心強いです。

今悩んでいることを隠さずに相談してみると、周りの人からもアドバイスがもらえたり、自分の知らない情報を教えてもらえたりしました。

そこで、自分が一番気になるなと思った高齢者住宅を見つけ、そこに入れるように手続きをすることになりました。

息子が私たちの高齢者対応のマンション購入

高齢者住宅と言っても特別に新しく建てたり増築やリフォームをしたわけではなく、私たち自身が自分の家から出て高齢者も対応している住みやすいマンションに移ったのでした。
一つの理由として、自分たちが建築した家は30年ほど経ちましたが、まだまだ住むには充分なところでしたが、息子夫婦と孫が3人と世帯の人数も増えてきたことです。

実は、私たち夫婦は自身が61歳、其れに妻が59歳と言う年齢で、高齢者と言うには未だ早い気もするが、確かに今でも都心サイドに勤務しながら通勤しているのです。そのためもあって、私たち高齢夫婦のために駅前の高齢者対応の小家族向けのマンションを、息子夫婦が住宅ローンを使って購入したのでした。 場所的には首都圏の私鉄の駅から歩いても3分程度のところで、勿論、駅前ですから商店街やスーパー、コンビニなども有って買い物には当然便利なところで、尚且つ、医療関係の機関も最寄に有るという便利なところです。

更に、付近には大規模な公園も有って憩いの場所もあり、何よりも通勤をするには東京へは以前の住まいより格段に近くなって負担が少なくなったことですし、息子夫婦が住む実家は車で10分足らずの所でもあり、常に行き来できるところでも有るのです。
尚、このマンションは駅近くで生活にも便利なところで建築してからも新しく、謂わば、投資価値としても充分有るところとしても、納得して購入した物件でもあります。

祖父が高齢者住宅に入所していました

祖父は、一人暮らしをしていたのですが、やっぱり心配となり高齢者住宅を勧めて入所することになりました。
最初はどんなところだろうと不安を持っていたのですが、個室で自由に生活をすることができるということで、入所を決めることになったのです。

そこは、ログハウス風の市町村が建てた高齢者住宅です。
何かの時には介護士さんが来てくれるし、隣りには病院があるのでもしもの時は直ぐにそこで診察を受けることができます。
その点は、とても安心ですね。
祖父は喉が弱いので、たびたび受診をして薬を処方してもらっていたのです。
近くというところが最もいいと思った事でした。

一人一人の生活を重視しているので、食事の時以外がほとんど一人で自由に生活をすることができる高齢者住宅です
食事は3食あり、そのご飯もとても美味しそうでした。
何よりも栄養バランスが整っているところがいいですね。
毎月の価格としては、大体16万円です。
それに、おこずかいとして使うので大体20万円ぐらい使っていました。

自分の意思で高齢者住宅の選択

近年、高齢者住宅は様々な形態で増えています。
入居するきっかけはそれぞれですが、高齢者住宅で多いのは女性の一人暮らしです。
旦那さんが亡くなった方、お子さんがいても同居ができなかったり、お子さんがいない方、住んでいる家を処分したい方…事情は様々です。
「高齢者住宅」と聞いて、介護が必要になったら…と思いがちですが、介護が必要になってからでは遅いと思って入居される方が多いです。
それは、家族に心配をかけたくない方、自分の終の棲家は自分で決めたい方など…自分の意思で決めれるうちから入居できるタイプの高齢者住宅の需要が多くなっている理由の一つだと思います。
自立型の高齢者住宅に入居すれば、入居者同士のコミュニティができたり、いざ介護が必要になってもサポートがうけられたり、体調が悪い時も相談する相手がいたり、いざ何かあった時の不安が解消されることだと思います。
一人暮らしでいると、1日誰とも話さない日も多くなります。
家族が近くに住んでいないと、いざという時の心配は家族側もあります。
高齢者住宅に入居することで、双方の不安がなくなるのです。
私は以前、有料老人ホームの販売営業していたので、その経験から書かせていただきました。

今の高齢者住宅の必要性の話

歳を重ねると住まいの問題が大きくなっていきます。
必要なバリアフリー要素や介護サービスなども増えます。
話題の高齢者住宅は人気のスタイルで支持を集めています。

実際に高齢者住宅を探す時は周囲の人から聞くことが重要です。
これは地域と深く関わっている住まいです。
なぜなら、地域の人間で介護サービスを提供する可能性が高いからです。
また、今の高齢者住宅はバリアフリー要素も強くなっています。
賃貸の殆どがそういった構造なので苦労しないのです。
他に状況によっては色々な契約もすることができます。

高齢者住宅では介護サービスも契約できるのもメリットになります。
こういう要素があって高齢者が生活しやすい点が挙げられます。
また高齢者住宅には60歳以上という一部の制限もあるので注意が必要です。
基本的に高齢者住宅には元気な人間が住んでいるものです。
ここは老人ホームのような場所とは区別されています。
将来的に介護が必要でも今は大丈夫だという意味です。

高齢者住宅選びはサ高住もお勧めです

高齢の父(要支援2)と同居していましたが、自身の転勤がきっかけで高齢者住宅を探すことになりました。
2~3年で帰ってこれる転勤であれば他を選択することもできましたが、全国各地を巡りいつ戻ってこれるかもわかりません。
しかも、持病を持っていることに加え、一人では満足にお風呂に入ることさえもできないのです。

他に頼る人もいないので、高齢者住宅しか選択の余地はありませんでした。
さっそく近くにある高齢者住宅の情報を集めました。
まずは、高齢者住宅は様々な形態があり、近所にあった住宅は一般的な老人ホームと呼ばれるものでした。
老人ホームでは、24時間体制で 看護師の方が常駐している他に、毎日の定期的な検診までついてくるのです。
外出もできなくはないのですが、付き添いが必要とのことで管理されたくない父にはハードルの高い施設だったのです。

そこで、地域のケアマネージャに相談したところ、サービス付き高齢者住宅という分類の施設を紹介されました。
いわゆるサ高住と呼ばれている施設です。
ここでは、24時間の看護師とまではいかないまでも、昼間は看護師が常駐し、夜中はヘルパーのみが常駐しているのです。
何かあれば個室についているナースコールもありますので、自宅に住まわせるよりも安心です。
更に外出も自由にできますし、日々の検診などもないため自由度が高いのです。
早速、父を施設に連れて行き見学させてもらいましたが、室内も清潔で朝昼晩のご飯の心配も無用なため、すんなり入居を決めることができました。

高齢者住宅を探すきっかけになったこと

私が高齢者住宅を探すきっかけになったのは、祖父が認知症になって東京の高齢者住宅に入ってもらうしかないと思ったからでした。

ただ、そこまで認知症が進行してない時ならまだ同居していても良いと思ったのですが、かなり認知症が進行してしまったので、高齢者住宅に入ってもらうしかないと思ってやむなく探す事にしました。

実際にこういう事になってしまうまで、認知症になったからといって特に高齢者住宅に入ってもらうという事もないと最初は思ってました。
ですが、実際にはそういう事はなくて被害妄想まで強くなっていく始末で一緒にまともに生活できない状況にまでなっていきました。

それで、このままでは一緒に暮らすのも難しいと思って高齢者住宅に入ってもらう事にしました。
もちろん、それまでにはかなり苦労しましたがなんとか本人にも納得してもらって高齢者住宅に入ってもらいました。

ただ、そのためにかなり親族間でももめたり大変でした。ここまで大変な事になると思ってなかったので、かなりしんどかったです。

高齢者住宅に入居したきっかけと決定方法

高齢の父の体調が悪くなり地域の大きな病院に入院しました。1か月の入院の後、近所の中規模な病院に転院となり、そこで2か月の入院生活が始まりました。かなり体調が良くなり、もうこの病院にいる事が出来なくなったので、次に埼玉の高齢者住宅に入居する事になりました。この高齢者住宅は病院の専門の方からいくつか紹介があり、頂いたパンフレットを見ながらどこに入居するか母と各所を廻り入居する高齢者住宅を決めました。

高齢者住宅に入居するという事は、我々にとって初めての事でしたので何も分からず、かつ母もそれほど体調が良くなかったので、まず自分が病院から紹介された色々な住宅を下見しに行きました。見に行ったら各種様々でした。古い病院を少し改造して、ベッドをそのまま使用した値段が安い所や、建築したての新しい所。みんなご丁寧にご説明頂きました。

決定する為の判断項目は、家に近いか、値段は安すぎないか、室内は綺麗か、ヘルパーさん達の対応はどうか、でした。その中でも家に近いか?の優先順位が低くなり、少し遠くにはなりましたが大変良い新しい高齢者住宅を見つけることが出来ました。特にトラブルも無く過ごすことが出来て、今ではとても満足しております。

高齢者にも優しいUR賃貸住宅

皆さんはUR賃貸住宅というものをご存知でしょうか?。

UR賃貸住宅とは、様々な年齢の方々の、それぞれの生活スタイルに応じた様々な物件を、多数所有した「独立行政法人都市再生機構」が提供している賃貸住宅を言います。国が直接関与している賃貸住宅ですので、非常に充実した部屋を、民間の不動産相場よりかなり安く借りることが出来ます。

UR賃貸住宅の多くは「団地」のスタイルをとっています。各賃貸物件の間取りは、1人暮らし向け・子供がいる家庭向け・高齢者向けと、よく考えられた部屋の造りになっており、例え古い物件であっても現代生活に合った内装に作り変えられています。綺麗で新しく、入居後の住宅メンテナンスも一つの団地につき1年間数千万円をかけて細かく修繕(ここにも国の援助が入っているので管理費もとても安い)していますので、住まいに関しての不具合は全くなく、安心して暮らせます。

ここでUR賃貸住宅が行っている高齢者向けサービスを列記しますと、「高齢者向け優良賃貸住宅」「高齢者等向け特別設備改善住宅」「健康寿命サポート住宅」「シルバー住宅」「URシニア賃貸住宅(ボナージュ)」と、こんなにも多くの専用住宅が造られており、高齢者の方々が日々生活をする中で困らないよう、床の段差の解消や手すりの設置、緊急連絡通報装置、多機能便座や浴室ヒーターなど、その機能の充実ぶりには目を見張るものがあります。

また家賃に関しても、世帯の所得月額が低い方には20%減額という嬉しいサービスまで付加されており、高齢者の方々をあらゆる面からサポートできるよう配慮されているのです。

もしあなたが高齢者のお住まいをお探しなのであれば、ぜひこのUR住宅をご検討してみることを、お奨めします。

役所に相談をして見つけられました

祖母の住居探しをしている時に高齢者住宅を検討しました。当時の祖母は賃貸に住んでおり、無駄に広い間取りの住宅でしたので家賃も高く節約をしたいから一緒に探して欲しいと言う事から住宅探しは始まりました。
最初は普通の住宅から探していたのですが、祖母の体も悪くなっており段差などがなるべく無い部屋探しをしていました。なかなか階段を使わない一階部分の部屋を見つけられず、あったとしても家賃が高い。エレベーターを使う時には万が一の時に危険があると思い避けていました。そんな時にインターネットで調べていると高齢者住宅の存在を知る事が出来ました。現在の住所の地域は市営住宅で高齢者向けのマンションがありましたので早速役所に問い合わせをしてみる事に。実際に役所の窓口に祖母と行くと、優しく説明をしてくれました。抽選を受ける必要はあったのですが基本的に空き家が多く確実に当選するので希望があればなるべく通すようにはするとの事でした。一階部分が良いと言う希望を伝えておくと、見事に一階部分の部屋を確保する事が出来ました。市営ですので家賃も安くセキュリティ面もしっかりとされていました。

相談員が紹介してくれた高齢者住宅

つい最近、私の親戚が高齢者住宅に入居する事になりました。きっかけは脳出血です。ある日に浴場で倒れてしまい、救急病院に運ばれてしまったのです。自分達で介護するのも困難な状況なので、高齢者住宅を探す事になりました。
最初の内は、私も自力で高齢者住宅を探していました。色々なサイトを見て資料請求したり、役所のサイトなども参考にして、高齢者住宅の下見をした事もあります。しかし、なかなか良い高齢者住宅が見つかりませんでした。かなり不便な場所にあったり、費用が高めな高齢者住宅が多く、探すのに疲弊してしまったのです。
ところがある日に、救急病院の相談員が高齢者住宅を紹介してくれました。やや遠い場所にはあるものの、親切に介護してくれるという話だったので、結局その住宅を下見する事になりました。その住宅は、住み心地も問題無さそうでした。すでにそこに住んでいる方も満足している様子だったので、結局そこに入居する事になったのです。
それにしても、高齢者住宅を自力で探すのは本当に大変ですね。良い住宅を教えてくれた相談員には、とても感謝しています。

高齢者住宅に親が住んでいます

高齢者住宅に両親が入居することになりました。長年飼っていた愛犬も他界し、両親も高齢で火を使って料理したり、ちょっとしたことでも高齢の夫婦二人で住んでいると危ないなと思うことが、身近に感じるようになったので、このままでは色々と大変になるなぁと思い、高齢者住宅を探し始め、見学するようになりました。24時間体制で色々と見守ってくださるし、具合が悪くなった時にすぐ呼べるような緊急コールも設置されているので、すぐに駆けつけるなど迅速な対応をしてくれ、とても助かっています。高齢者住宅をいくつか見学に行きましたが、その中で気に入った物件や施設の設備など色々と見学していると違いもわかってくるので、両親と一緒にいくつか物件を見学しにいきました。やはり自分の両親が長く住む場所なので、こうして両親と一緒に見学することは大切だなぁと実感しました。高齢者住宅で重視したのは、高齢者のレクリエーションなど定期的に開かれるところもあるので、お誕生日会や様々な行事が老人ホームやケアハウスと連携して行っているところが多々ありますし、室内に緊急コールが設置してあり、容態が悪くなったら
すぐに看護師さんが来てくれるなど、安心して生活できる高齢者住宅を第一に探していました。

高齢者住宅における設備はバリアフリー

高齢者住宅というのは、高齢者が入る住宅ということになるのですが、部屋を一つ借りるというようなパターンになります。
それはとてもよいことになりますが、介護などは含まれていない、ということがあります。
相当に介護の度数が高くなってきてしまったということになりますと、次は老人ホームに行くということになりますので、あくまでまだ自分でそれなりのことができる人が入ることになるでしょう。

高齢者住宅の大半はそれなりにバリアフリーが実現されているということになりますので、ある意味とても安心して住むことができます。但し、基本的にはバリアフリーというのが健常者においては、動きにくいところというようなこともあったりしますので、あくまで本当に高齢者のために存在している認識でも問題はないと言えるでしょう。入るのに結構なお金が必要になりますが、それでも高齢者が住みやすいように様々な配慮がされているのが魅力的なことになります。