高齢者住宅では介護も外部から

サービス付き高齢者向け住宅というのがあります。サービス付きということに色々と特徴的な部分があるのですが、基本的にバリアフリーの賃貸住宅になります。要介護者の高齢者がほとんどとなる養護老人ホームとは違って、自立して生活をすることが基本的にはできたり、要介護であろうともあくまで軽度であるということになっている人が入居可能となる住宅ということになります。ただし、介護が必要な場合は訪問介護などの外部のサービスと連携させることによっていることができるということもあったりするので、その辺りは多少その高齢者向け住宅によって違う部分でもあります。老人ホームというほどのことではないですが、少なからず高齢者が生活をすることに向いているような住宅ということになりますので、それは魅力的な部分であると言えるでしょう。それはよいことではありますが、問題は費用です。さすがに結構な費用が入居にはかかることになりますから、覚悟しておきましょう。

高齢者住宅での介護というのは

高齢者向け住宅というのは、高齢者が住む住宅ということですから介護などがついてくるのかと思うかもしれませんが基本的には介護サービスは付与されていないタイプの住宅ということになります。比較的元気な高齢者が一応はそれなりの支援を受けながら基本的には自立した生活を行うために作られた住宅ということになります。サービス付き高齢者向け住宅とか呼ばれることもあります。基本的にはバリアフリーになっており賃貸マンションであったり分譲マンションであったりという事の違いはあったりしますが、一軒家というような形ではなく複数の世帯が入ることができるような集合住宅のような形になっていることが多いです。完全に介護をしなければならないような状況という場合になりますと出て行く必要性があったりします。あくまで高齢者が住みやすいような住宅という意味合いになりますので介護をするための住宅というわけではないので注意しておきましょう。割とここが大きな特徴であり、誤解されやすい所でもあります。

介護度によって料金も変わる高齢者住宅

祖母の老人ホームを探していたときに「サービス付き高齢者向け住宅」も見学しました。ネットで入居料金などを比較してみるとサービス付き高齢者向け住宅は有料老人ホームよりは月額が安いなという印象でした。ただ実際相談に行ってわかったことは、サービス付き高齢者向け住宅の場合、提供するのは部屋代や管理費なので、食事代、介護費はまた別ということです。介護費は介護保険を使うことができますが、3万円程度の上乗せになります。その費用をプラスして考えると有料老人ホームと余り変わりない料金になるようでした。また高齢者住宅なので提供するのは基本的に部屋なので、食事はいらないというような選択ができるのも特徴です。そのため、介護度が低かったり、まだ日常生活は少しの援助で行えるけれど一人暮らしは心配…というような方が入ると自由度高く生活できるのも高齢者住宅の特徴です。
高齢者住宅は、入居する人の介護度によって料金も変わってくるので、慌てて入居を決めず、あちこち見学して料金のことをきちんと把握したうえで考えてみることをお勧めします。

サービス付き高齢者向け住宅の基礎知識

サービス付き高齢者向け住宅とは、日常生活などに不安がある高齢者が、介護が必要になったときでも安心して生活できるように作られた住宅のことです。
生活をサポートするサービスが付いており、バリアフリーというのが大きな特徴です。
利用できるのは、「60歳以上の高齢者(同居者を含む)」または「要介護認定もしくは要支援認定を受けている60歳未満の人(同居者を含む)」のいずれかです。
費用は、まず入居する際に敷金や礼金に該当する「初期費用」が発生します。
これは0から数百万円と、かなり幅があります。
そして、月々の費用としては、「家賃や管理費などの居住費」「水道光熱費」「食費」「介護費(介護保険の自己負担分)」が発生します。
これらの目安としては、首都圏なら15万~30万円くらいです。
基本的に、地方に行くほど安くなっていきます。
そして、住宅によっては温泉が付いていることもありますが、その場合は当然ながら居住費も高くなります。

サービス付き高齢者向け住宅の利用方法

サービス付き高齢者向け住宅を利用するには、まず施設を探す必要があります。
施設によってサービスは異なるので、個人での情報集めは難しいかもしれませんが、インターネット上なら専用の情報サイトがあります
施設の見学などにも対応していることが多いので、施設選びをスムーズに進めることができます。
気に入った施設が見付かったら、見学に行ってみましょう。
実際の雰囲気を見て、自分に合っているかどうかということを確認します。
施設によっては、体験を受け付けていることもあるので、利用してみるのもおすすめです。
見学して自分に合っていると感じたら、入居を申し込みます。
その後は、管理者など施設側の担当者と面談を行い、要介護度や資産などを勘案して、入居の可否が決定されます(入居の基準は、各施設によって異なります)。
入居が許可されたら、施設と契約を結びます。
契約の際は、疑問点などを積極的に尋ねておくと、後々のトラブルを防ぎやすくなります。

サービス付き高齢者向け住宅のサービス内容

サービス付き高齢者向け住宅の主なサービス内容は、以下のとおりです。
「見守り・安否確認サービス」。
職員が、利用者の部屋を訪れて安否を確認します。
時間や頻度は、施設によって差があります。
「生活相談サービス」。
医師や介護福祉士などの専門家が、日常生活や介護などの相談に乗ってくれます。
この二つは、必ず付いているサービスですが、必要に応じて以下のサービスを付けることもできます。
「緊急時対応サービス」。
体調が急変したときの往診依頼や、災害が起きたときの避難誘導などを行ってくれます。
「生活支援サービス」。
部屋の掃除・洗濯・ゴミ出し・買い物の代行などを行ってくれます。
「食事サービス」。
体調が悪くて食事を作れなかったときなどに、食事を用意してくれるというサービスです。
「介護サービス」。
介護が必要になったときに、外部の事業者から介護を受けられるというものです。
「医療サービス」。
急病になったときなどに、訪問診療や訪問看護を受けることができます。